ファントムが破損した翌週に空撮を予定したこともあり、致し方なく自身で交換パーツを用意しましたが、同時に北米DJIのサポートセンターにメールで連絡を入れてありました。

電話ではChinglishで何を言っているか良く分からなければたらい回しにされた経緯もあり、メールであれば大丈夫だろうとの確信を持ってsupport宛にメールを入れると、早速返事が来ました。

名前
送付先住所
電話番号
DJI商品の名前
購入日
注文番号(或いはディーラーの名前)
破損した部分
破損した部分が分かる写真
購入証明書

を送って欲しいとのこと。

直ぐに準備して返信し、ケースナンバーをもらって待つこと約2週間。

リクエストはApproveされたというメールが入りました。

ただし、パーツがなく取り寄せになるのでしばらく待って欲しいとのこと。

結局発送にたどり着いたのは12月下旬でした。

eBayで交換パーツを購入していたこともあって特に急いではいなかったのでそれはそれで良かったですし、無償で発送対応してくれたDJIには感謝。

とは言え、交換パーツが北米になくて1か月も待たなくてはいけないという状況はあまりいただけないかな、と。 重要な部品であれば在庫も抱えているのかもしれませんが、飛ばせない状況だったならこれは問題になりそうですね。 これだけ大きくなったDJI社ですから、もうちょっとサポート体制を整え、メンテナンスや修理などにも素早く対応出来る機動力があればと願うばかりです。

これでアンテナカバーはスペアも手に入れたのでもう1回なくすことになっても大丈夫そうです。

それでは皆さん、Happy Drone Lifeを!!


当記事は参考になりましたか?

もし少しでも参考になったことがあればチャンネル登録、フォロー、いいね!、応援クリックをいただけるとうれしいです!!

youtube instagram facebook vimeo

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 空撮へ

Leave a reply

Your email address will not be published.