ライドシェアサービスとして知られるUBER。 そのUBERが始めたデリバリーサービスのUBER EATS。 そのUBER EATSがついに! ドローンで食べ物を配達することになりそうです。 2018年の終わり頃からUBERはサンディエゴ州立大学と手を組み、実現に向けて一歩一歩その準備を進めているというニュースがdrone lifeに記載されていました。

サンディエゴの中心部はとにかく渋滞がひどく、車を使ってのレストランから一般客への配達サービスには限界があり、空からの配達が可能になればこのような問題も緩和出来るのではないかと考えていた模様。 ただし、FAA管轄の制空権内でドローン自動配達を可能にするためには乗り越えなくてはいけない壁も多い。 Googleがバージニア州のブラックスバーグでコマーシャルに限り、ドローン配達の認可が下りたものの、空港に近く、人が多く行き交うサンディエゴでの認可は一筋縄ではいかない可能性も高い。 とは言え、FAAも決して消極的になっているわけではないため、実現出来る日もそう遠くないことになりそう。


ただし、この動画では車の屋根に付けた専用のドローンパッドからの離着陸となっており、これだけでは決して実用的とは言えないだろう。 郵便受けや裏庭にも届けられる必要性が出てくることは安易に考えられるものの、その一方で、サンディエゴのような大きな都市で裏庭がある人と限定してしまうのもこれまた問題点として考えられる。

乗り越えるべき壁はまだあるものの、UBERによるマクドナルドのドローン配達サービスはサンディエゴ近郊で2019年内には実現出来る様子。 どのような梱包で運ぶことで安全面が守れるか、そしてどのような空路で配達するのか、この辺りがクリアになれば自ずと答えは出てくるのではないだろうか。 また、マクドナルド以外にもローカルレストランの2店舗が、サンディエゴ内のドローン配達に参入することも既に決まっている。

空を飛ぶドローンがビッグマックを配達する。

そんな10数年前には考えもつかなかった未来がもうそこまでやって来ている。

ニュースリソース (Big Macs From Above: Uber Plans to Deliver McDonald’s Via Drone — drone life)


当記事は参考になりましたか?

もし少しでも参考になったことがあればチャンネル登録、フォロー、いいね!、応援クリックをいただけるとうれしいです!!

youtube  instagram  facebook  vimeo

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 空撮へ

Leave a reply

Your email address will not be published.