普段のドローンブログとはかなり脱線した話になりますが・・・ウェブサイトを持っている企業、個人様にとっては大事なお話です。

そう、実は弊社(私)もその大事なことを知らない一社(一人)でした。

数ヶ月前に日本で行政のサイトがSSL化されていない(保護されていない)ため、安全性が確認出来ないサイトとして取り上げられていたのです。 いやいや、別に個人情報を入力するわけでもなければ、クレジットカード番号を入れるわけでもないのにSSLなんか導入する必要ないでしょ?って思っていたのですが、時代は全く違う方向に進んでいたようです。

Googleによるとセキュリティは再優先事項として発表し、SSL未対応のサイト(HTTP)は「保護されていません。」という警告を出す程に。
試しに弊社サイトを開いてみると・・・

SSLを示す緑の鍵マーク(Secureの文字)は出てきません。

通信が暗号化されていないからと言って別に良いじゃないって思っていたのに、安全ではありませんというようなニュアンスの文字が出てくるのは訪問者にとっても不安を煽りますし、何より会社の信用にも関わるところ。 それに加えてSSLを導入してHTTPからHTTPSに移行することは、SEO的には1%未満ではあるけれど、影響はあるとGoogleも正式に発表していました。

SSLが必須になる時代がやって来たようです。

 

それであればってことで重い腰を上げることにしたわけですが、このSSLっていうのがなかなか厄介。
ちょっとした専門知識も必要な上に、ホスティング費用にプラスαで月に10ドル程請求されるのです*
*弊社が使ってるレンタルサーバーによる

年間100ドルの出費でさえも勿体無いと考えた私はLet’s Encryptという存在にたどり着きます。
Let’s Encryptはなんと無料で利用出来るんです。 無料って安全性を考慮しても本当に大丈夫なの?と不安になってきちんと調べてみました。 すると証明書の発行、設定、更新のプロセスを自動化することによって無料で提供出来ることになったのが理由であり、専門家たちがきちんと構造した技術によって提供されているため安全性も高いそうです。 3,000以上のスモールビジネスのオーナーがこのLet’s Encryptを使っているだけでなく、かの有名なNASAも使っていたと言われています。

なら使うっきゃないでしょ!って思うところですが、1つだけLet’s Encryptには面倒な点があります。

それは期限が90日しかないこと。 90日経ったら更新しなくてはいけないのです。

それでも、それでも・・・無料で使えるなら3ヶ月に1回の手間ぐらいどうってことない!

そう思うビジネスオーナーさんたちはLet’s Encryptの導入をオススメします。

肝心の導入の仕方ですが、これは使ってるホスティング会社によってよりけりですので、弊社と同じレンタルサーバーGoDaddyを使っている方はこのリンクに設定方法が載っていますので参考にされると良いかと思います。
Let’s Encrypt!!

 


当記事は参考になりましたか?

もし少しでも参考になったことがあればチャンネル登録、フォロー、いいね!、応援クリックをいただけるとうれしいです!!

youtube  instagram  facebook  vimeo

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 空撮へ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。